立川・町田、八王子の結婚相談所

代表あいさつ

名前:岩出 叔子(いわで しゅくこ)

岩出叔子

職業: 仲人・MCSA認定結婚カウンセラー
マリッジベアフルート代表

この仕事をはじめたきっかけ

私は26歳で恋愛結婚しました。
女性はクリスマスケーキと同じで、25までは売れるけど、超えると売れ残り(お嫁に行き遅れた)と言われました。
結婚を前提に恋愛時代を楽しく過ごしていましたが、25歳くらいになると親や周りの人たちから「結婚はまだなの?」と言われ、自分たちの意思で結婚のタイミングを計ることさえ難しく、周りからせかされるように感じたものです。
でも、今はアラサー、アラフォー、アラフィフ婚活も普通に耳にするようになりましたし、シニア婚活も盛んに行われ、周りもうるさく言わなくなりましたので、むしろ『婚活しやすい時代』と言えるでしょう。

私は子どもが欲しかったけれど、授かりませんでした。
「子どもがいない人生もまた楽し。」と思っていましたが、周りからは人間として半人前とか、寂しい人生と言われ、子どもを産めない・産まない女性に対しての世間の風は予想以上に冷たく厳しいものでした。
「子育ては親育ち」などと言う言葉さえ、そこに当てはまらない自分は人として成長できていないのだと苦悩し責め続けたこともありました。

最近は、医学の進歩と共に不妊治療の進歩も目覚ましく、少子化対策のため国も積極的に、不妊治療に対する助成金制度などにも取り組み、子どもを授かりたい方を積極的に応援する環境になりつつあります。

あなたが一生結婚なんてする気がないというのなら、私は何も言いません。
でも、いつか結婚したい、子どもも欲しいと思うのなら、1日も早く婚活を始めることをお勧めします。
もし、なかなか子宝に恵まれないとしたら、不妊治療にもとりかかる必要が出てきます。
その期間は、残念ながらいくらアンチエイジングの科学が進歩したとしても、まだ限界があります。
子どもを授かりたい場合、一日でも早く婚活をし結婚すれば、色々な不妊治療の取り組みにも長く関われる、つまり、赤ちゃんを授かるチャンスも広がるわけです。
子どもを産んだか産まないかとか、子育て経験があるかないかで人間の価値が決まるわけではありません。
結婚したい相手が見つかれば結婚したい、結婚して子どもを産み、育てたいと思うなら、思い立ったが吉日で、是非、婚活を始めてください。
それが皆さんより歳だけ先輩の私の経験からお伝えできることです。

日本の少子高齢化が年々加速する中、行政の少子化対策も次々と打ち出され、子どもを生み育てる環境も一昔前に比べれば随分整備されました。
一方で、都市部の少子化は進み続け、私は自分が一市民としてできることは何かをずっと考えていました。
子どもが増えるにはまず結婚する男女を増やすことも必要だと感じ、「結婚」をキーワードに自分のできることを模索していた中で、仲人業、結婚相談サービスに出会いました。

結婚を希望する方が、安心して婚活していただけるよう成功報酬制とし、伝統的且つ新しい「お見合い」というシステムを利用して、将来を共に歩んでいく赤い糸で結ばれたパートナーに出会うことを願い、仲人を始めました。
「仲人業」を通じて幸せのお手伝いをすることで、人や社会に貢献できることは、人生の後半期に入った私にとって幸せとやりがいを感じております。
かつての行政職や子育て支援NPOでのマネージャーとして働いた経験から、結婚に関する必要な手続きやお子さんが生まれてからの子育て支援サービス、家事支援サービス等の豊富な情報も提供いたします。

いつかは結婚したいと思っているのなら、「いつか」ではなく「今日からすぐ」行動しませんか?『今の自分が一番若い』という言葉を常に意識していただければ幸いです。
入会に関するお問合せ、ご相談、面談は、あなたのご都合に合わせて行えます。
迷うより仲人の私と共に「婚活」という期間限定の世界へ一歩進んでみましょう。

ご連絡、お待ちしています。

お気軽にお問い合わせください TEL 090-5537-1378

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP
Copyright © マリッジベアフルート All Rights Reserved.